あっという間に組み分けが迫っています。

7月2日は組み分けです。にほんブログ村前回のマンスリーテストで理科社会を前日やった効果があって自己最高得点を記録したきんきん。今度は実力テストなので、そううまくいくはずもないというのは自覚しています。かといって、平常授業の復習を手抜きするわけにもいかないし、今以上に勉強時間を増やして無理するわけにもいきません。とりあえず、今のところやっているのは、1.理社のコアプラスを全範囲見直す。2.理科の5年時...

勉強ができるよりもずっと大切なこと。

勉強ができることなんかより、ずーっと大切なことはたくさんある。にほんブログ村できるだけ、「できなかった」という結果そのものについては怒らないようにしているつもりだ。ただ、「やらなかった」とか、「なげちゃった」とか、そういうことについては怒ることもあるし、ある種の甘えがひどいときは怒ることもある。たとえば、わからないからきて~といわれ、きんきんの机の横に座り、一緒に解説読みをしていたりするんだけれど...

2人の子どもを残していくなんて想像できない。。。

いい人ほど早く亡くなる、とか、美人薄命、とか言いますが、にほんブログ村テレビの画面やネット上でしかお会いしたことはないんだろうけれども、小林麻央さんにはそういう言葉が当てはまるんだろうなと思う。2人の子どもを置いてこの世を去らなければならないなんて、どんなにつらいことだろう。でも、そのつらさを乗り越えて、ブログを書き続けて、すごい精神力だなと思った。常日頃から、子どもたちに「親より絶対早く死ぬな!...

鍵は自己肯定感だと思う。

秘書に対する暴言・暴行テープが明らかになった豊田真由子議員。桜蔭→東大→官僚+ハーバード→国会議員という、まさに絵にかいたようなコース。にほんブログ村…でも、なんだかかわいそうな人だなと思った。あんな暴言をはけるのは、おそらく自己肯定感が著しく低いんだろうと思う。実際、エリートと呼ばれる人の中には、そういう人、結構多い。自己肯定感の低さの裏返しで、世間的な名誉を一生懸命かき集めるのだけれども、常に上に...

中学受験のメリット

中学受験と高校受験、どっちがいい?から始まった我が家の受験。にほんブログ村私は中学受験組、夫は高校受験組でしたので、どちらでもよいよと提示しました。私は高校受験を経験していないし、夫は中学受験を経験していないので、自分たちが良かったことをそれぞれのべて、子どもに選ばせました。きんきんは、「いやなことは先に終えたい」という、子どもらしい!?消極的な理由で!?中学受験を選びました。通っている小学校の中...