SS特訓の足音が、、、

先日、平常授業のあと、きんきんは、SS特訓の手引きをもらってきた。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

SS特訓(サンデーサピックス特訓)は、サピックス名物!?の9月から毎日曜日行われる志望校別特訓で、
授業14回、テスト(合格力判定サピックスオープン)4回で成り立っています。
現在行われている土曜特訓についても学校名はついているものの、
それはざっくりと成績で切られたに過ぎない、あくまでも目安の学校名。
(今でもそうなのかわかりませんが、四谷大塚の国立、麻布、慶応といったクラス名みたいなものかな?)
9月からのSS特訓の志望校名は、本当に志望校で、ばっちり志望校対策をやる、はず。
(ただ志望校と成績がかけ離れていると入れてくれないようですが。)

設置コースの例として挙げられているのは、御三家+早慶レベル+関西の難関校といった感じです。
ちらっと、それより下はどうなっているんだろう、、、と、いうことが頭を横切りました。
(小さく「校舎によって設置コースが異なる」ので問い合わせるように、と書いてあるので、そこで対応するのかなぁ。)

校舎ごとに午前か、午後かは違いますが、
単価講座(100分×2講座)+志望校別講座(80分×4科目)で一日が終わるラインアップ。
9時から18時45分まで、一日中ぶっとおし(ランチタイム以外)、まさに缶詰。
今でも、平常授業や土特の復習だけで手いっぱいなのに、いったいどうなるんだろう?
お、お値段も、かなり、ドカッと、255,900円!!(財布まで寂しくなるなぁ。)

単科講座は、算数が2つ(算数思考力&解法力)、
国語が2つ(記述表現力&読解力)、他に理科、社会と合計6つあり、
その中から2つ選択することになっています。
きんきんについては、苦手の国語の読解力をとることは確定として、
算数・理科・社会のうち、どれをとろうか、ちょっと悩みどころです。

SS特訓、席順の前のほうから合格していくというらしいと耳にしているので、
きんきんには、がっつり頑張ってもらわないといけません。
そしてそのためには、SS特訓の復習はかなり優先順位が高いと聞いていますので、
平日授業・土曜特訓の復習をどのように効率的にこなすか、について、ははにとっての悩みどころだわ~。






ポチを頂けると励みになります。
ありがとうございます。




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント