FC2ブログ

【新6年生&親御さんにむけて】もし1年前に戻れるならどう過ごす?

終わってみて本当につくづく感じたのは基礎の大切さでした。

SSが始まる9月以降もやっぱり基礎はまだまだやっていて、
基礎の頑強さが応用へのジャンプ力を磨くのだということ、ひしひしと実感しています。
第一志望(持ち偏差値+5)は残念でしたが、
第二志望(持ち偏差値+2)、それも、1年前に考えていた第二志望よりもS偏差値で+7の第二志望に合格という結果を
出せたこと、その一番の原因は、基礎を頑張ったことにあるとつくづく感じます。

思い返せば、去年の今頃、サピックスの提唱する自宅学習時間(授業時間と同程度、平常4H×2+土特5H)にも慣れてきており、
また、宿題も何とかこなせるようになっていましたので、少しは余裕がありました。そのため、市販の参考書などを買い求めたりもしていました。

しかしながら、もしあの頃の自分に戻れるのなら、以下のことを言ってやりたいです。

算数については手元にある教材を丁寧に解く、時間があるなら、4年生、5年生の時の復習に充てろ
(そういう意味では、当時4年生向けの予習シリーズを毎日少しずつ解かせていたのですが、これは良かったと思っています。4年のときはサピに通っておらず自宅学習していたので、もし4年のときからサピに通っていたのであれば、サピの4年の教材でもいいかもしれません。何とか中学への算数とか挑戦させようと思っていましたがそれは無駄だったな。。)

国語については無理に問題を解かせるより、親が寄り添って一つ一つ文章を読み下せ。得点力より内容理解が先
(この時期は、問題を解くより、内容を理解すること、が一番。丁寧に話しながら一文一文交互に読み、ということをひたすら繰り返す。問題を解き、得点力をつけることはSSで十分やってもらえます。問題を解いて、けんかする時間はもったいなかった。そういう意味ではあまりテストの点にとらわれるのも考え物。)

なお、理社については、コアプラスを毎日やることを始めていました。これは最後まで続け、きんきんの合格の原動力になっていったと思います。

実は、きんきんの受験校は
算数オリンピックに行くような子が合格すると勝手にイメージをもっていたため、
6年の初めには中学への算数の定期購読に申し込み、
わからなくて嫌がるきんきんに何とか解かせようとしてみたりしていました。

でも、その子の個性に合わないことをやっても無駄、なんですよね。
きんきんは、国語へこみの3教科バランス型。
無理に思考力問題を解かせるよりも、
算理社についてはオーソドックスに勉強していった方が成績が安定してきていたような気がします。
第一志望の算数も、今年度の問題は比較的易しかったとはいえ、その中ではちょっと難しいだろうといわれる問題について、
本番ではスルっと解けたようでしたので、基礎がしっかりしていれば、本当に受験当日まで実力が伸びていたんだろうと感じました。SSでしっかりと教えてもらった後、ちゃんと志望校別のプリントを身につくまで復習する、という方が、こういうオーソドックスタイプには合理的なんですよね。

もちろん、あたかもゲームをするように、楽しく算数の難問を解いていく子供に対しては、楽しいことなのであるからどんどんやらせればいいと思うのですが、そんな子どもばかりではないですし、というか、きんきんの友達たち(含む天才君、天才君はもちろん受験校すべて合格してました)を見ていても、そういう子供はほとんどいませんでした。むしろ、そうではなくても、きちんと4教科のバランスが取れていれば、思考力問題が出されるとされている学校も合格できるんじゃないか、と今はつくづく感じています。

(もちろん、今年は全体的に首都圏難関校の算数が易しかったとか、反論はあるかもしれませんが、易しかった割には合格者平均と受験者平均との差が平年通りであったわけですから、やっぱり、平均点が変わるだけで、算数でどれだけ差がつくかという点については、問題の難易度とはあまり関係ないような気がします。)

まとめれば、
・焦らずに基礎をしっかりと。
・オーソドックスなタイプかそうでないのかといった個性を見極め、そのタイプに合わせた勉強をすること。
(オーソドックスなタイプにはオーソドックスな勉強が一番。
そうでないタイプの場合は好きなことは好きなだけやらせ、あとは穴を埋めることに注力。)
・4教科のバランスを崩さずに淡々と宿題をこなすこと
ということになるのではないでしょうか。

RANKING参加しています!
ぽちっとしてくださると励みになります。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。