FC2ブログ

【新5・6年生&親御さんへ】算数の計算ミスにはどう対応したらよいの?

算数の計算ミス、悩ましいですよね。
きんきんも当初はマンスリーテスト一回につき、5個くらいあり、「これさえなければ〜!」と、地団駄を踏んだものでした。

サピックスの先生に相談すると、「基礎トレ、計算コンテストをやっておけば、まぁいいんじゃないですかねぇ。」といったような返答で、あまり細かいこといっても、、、といったような感じの対応をされたりもします。親としては、どうしてきちんと注意してくれないのかなぁと物足りなくも思ったり。

今から振り返ると、もしかしたらこういうことかな?とおもうことがあります。

まず、計算ミスには
⑴ 計算の仕方(分配法則とか)が身につけていなかったり、計算の訓練が足らない場合と、
⑵ 思考力や解法理解に気を取られていて、計算面への注意が足りない場合
の2つがあるように思います。

⑵については、算数の実力そのものがあがれば自然と減るので、先生は⑴に対する対応として
基礎トレや計算コンテストのお話をされるわけです。まぁ、この辺りまでは、当時も理解はしてました。

ただ、なんで、あんまり注意したりしないのでしょうか?

今思えば、算数の実力、つまり、思考力や解法理解力を伸ばすときに、あんまり細かいことをいいすぎると、伸びが鈍化してしまうのを避けたかったのかな、という気がします。難しいことや複雑なことを考えているときに、あまりに些細なことでその思考が中断されると、こどもじゃなくても、嫌な気分になりますし、モチベーションも下がります。それを避けたかったんじゃないのかなと。その当時はわかっていなかったのですが。

また、⑴、⑵の他に、⑶緊張感の不足・過多による場合もあるなとは思いますが、それについては、毎回のクラス昇降やSSの席順などで負荷をかけて本人の自覚を促したり、9月以降の怒涛の模試祭りで経験を積むなどしているわけで、それ以上になかなか訓練するのは難しいように思います。

となると、⑴の計算力そのものが不足している場合でない限り、今の時期はあまり細かく気にする必要はないように思います。
ただ、言えるのは、計算ミスやケアレスミスの類は、100%なくすことはできないということです。むしろ、なくすことはできない前提でそれを補う実力、ひいては四科の総合力をあげることに注力するべきなのかな、と。

…とはいえ、計算ミスのせいでクラス落ちしたりすると、小言の一つや二つ、いいたくもなりますよね。クラス昇降制度はこどもの競争心を刺激するにはいいですが、ナーバスになりすぎると本質的なことを見失ってしまう危険があることは心に留めておかなきゃいけないように思います。なかなか難しいですけど。


RANKING参加しています!
ぽちっとしてくださると励みになります。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おっしゃる通りです

今年度サピ終了組です。

前期面談でうっかりミスについて相談したところ、ここで書いてらっしゃるようなことを言われました。

要約すると「うっかりミス対策もなくはないけど、無理にやらせると算数が苦痛になります」

sapixの先生方は、生徒一人一人のことをよく把握なさっていて、いつも適切なアドバイスを下さいました。ありがたいです。

2018-02-23 09:26さま

コメントありがとうございます。本当に励みになります。
きんきんの場合ですが、クラス昇降や模試を通じてケアレスミスの重大さを自覚したあとに、半年前くらいにやっていたようなレベルの問題をやると計算ミスは激減していたように思います。本人の自覚と思考力・解法力の伸びは親が助けることができない場面なので、計算ミスはとりあえず脇に置いておくといいですよ。親の精神面を磨かなければいけないのが難点ですが。



Re: おっしゃる通りです

Anja さま

やっぱりサピの先生も同じようなことをおっしゃっておられたのですね。
確信が持てるコメントをいただけて、心強くおもいます。とっても感謝してます。
いよいよ中学一年生、新しい学校でよい学生生活を送れるといいですね。お互いに。


> 今年度サピ終了組です。
>
> 前期面談でうっかりミスについて相談したところ、ここで書いてらっしゃるようなことを言われました。
>
> 要約すると「うっかりミス対策もなくはないけど、無理にやらせると算数が苦痛になります」
>
> sapixの先生方は、生徒一人一人のことをよく把握なさっていて、いつも適切なアドバイスを下さいました。ありがたいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。